読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低反発力

旅行、ネット、本、ナンセンス、資格、その他

「まじめ」っていう言葉はいろんな意味を内包してるよね

そのうえ使う人や状況によってその含まれる内容も微妙に違ってくるが、それが使われる会話において概ね齟齬は発生しない。ハイコンテクスト。日本語的ですな。

将来尖った人間になりたいというなら今すぐ尖れ

尖る・尖らないなんて心構えだけの問題。
現在と将来の間のどこかでいつの間にか尖った人間になってたなんてことはない。どこかの段階でやらなければいけないことなら今すぐやれ。今すぐなれ。

というか尖ってる人は別に他人に宣言しなくても尖ってるから、「尖った人間になりたい」とか言ってるうちは尖った人間にはならないのではという気がしてきた。

ところで尖った人間って何?

ツンデレは時間の無駄

時間の無駄のみならず、色々な機会も逃してるんじゃないかと思うのです。

恋愛におけるツンデレだけじゃなく職場などでのツンデレ的態度も。

しかも自分だけの問題じゃなくて周りの人をイライラさせたり、結果的に他の人の時間を奪ったりということに繋がるんじゃないかと。

そんなことをふと思いました。ただの思いつきです。

give=take

本田健氏の『ユダヤ人大富豪の教え』という本を読んでいたらこんな言葉がありました。

「君が提供したサービスの量と質=君が受け取る報酬額」


で、ビートルズの歌詞を思い出しました。

"the love you take is equal to the love you make"

なぜ上司と部下はデッドロックに陥るのか

会社員

会社で何か新しいことを始めるとき。

例① 部下起点

部下「こういうアイディアあるので是非やらせてください!」
上司「おう、失敗してもいいからやってみろ」

例② 上司起点

上司「お前主導でこんな企画やってみない?」
部下「チャレンジしてみます!」

例③ デッドロック

部下「(こういう企画やったら面白そう。会社の利益にもなる。でも仕事忙しいし自分から言うほどでもない。やれって言われたらやるのに)」
上司「(あいつにこんな企画やらせたい。でも自主性を育むためにもオレからは言わないほうがいい。自分から言ってこないかな。ガンガン言ってくればもっといろいろ任せるのに)」


あなたの周りで③のような状況はないでしょうか。
どちらかがちょっと動けば新しいことが始まる。でもどちらも牽制し合ってる。
お互いに「告白されたら付き合うのに」と思っている男女のように。けど自分から告白するほどの熱い思いはない。

このままの状態でも今すぐ何か損失が発生するわけではないけど、将来的には逸失利益につながるかもしれない。

①②のようにどちらかがさっさと動けばいいんだけど、どちらもそんな性格や考え方じゃないからこうなってる。

こんな状況は何かもったいないと思うのですが、いったいなぜこうなるのか。
どちらも、
・自分から動く性格じゃない
・必要以上のことは積極的にはやりたくない
・言い出しっぺになって責任を取りたくない
・関心はあるけどいまいち自信が持てないから自分からは言い出しづらい
などの理由が考えられる。

意識高い系の人から見れば「お前らどっちもクソ」って話かもしれませんが、こういう状況って実際けっこうないですか?

誰か(上司の上司とか部下の同僚とか)が、何かきっかけを作ればあっさり上手く回ることもあるかもしれないし、そもそもどっちにも強い思いがないから結局は上手くいかないのかもしれない。

f:id:rotatorcuff:20160205232200j:plain

制約があるからすき間すき間に集中できる

つぶやき

自由だとだらけます。僕の場合。

f:id:rotatorcuff:20160205013204j:plain